枯らしてしまった観葉植物7選

観葉植物7選 その他
「スポンサーリンク」
レックスベゴニア

2022年、枯らしてしまった☆観葉植物7つを、サルが個人的に残念だった順にご紹介します。

1番目、まずは何と言っても『レックスベゴニア』です。

葉の色が気に入って、ピッタリの鉢まで選んだのに、最後まで裏目に出ることばかり、本当に難しかったです。

ポトスライム

2番目、みなさまご存知『ポトス・ライム』。

定番の『ゴールデンポトス』で自信満々の初心者が、ポトスと同じように扱って、枯らしてしまいました。

『ポトス』と言っても、まったく別物でした...。

途中、何度も再生を試みましたが、最適な環境が見つけられず、とうとう☆になりました。

ディフェンバキア

3番目『ディフェンバキア』。

育てやすいものが多い、「サトイモ科」の植物ということで、油断していたかもしれません。

おそらく水のやり過ぎで、根腐れさせました。

( ̄▽ ̄;)

フィットニア

4番目、ピンク色の葉脈が鮮やかな『フィットニア』。

キレイだったんですけどね...。

直射日光には当てず明るい場所で、土の表面が乾いたら水をあげるようにしていましたが、ダメでした。

どうすれば良かったのか、分からなかったです。

アイビー(ヘデラ・ヘリックス)

5番目、ご存知『アイビー』。

こんなにポピュラーな植物を枯らすのか?と、自分でも信じられません。

室内より、庭のほうが良かったような気がしてます。

プテリス・トリカラー

6番目、『プテリス・トリカラー』。

11月から育て始めた、初めての「シダ」植物。

難しい冬場でしたので、温度かもしれませんが、普通の観葉植物と同じような水やりでは、少し足りなかったような気がしています。

ネフロレピシス・ダフィー

そして7番目、こちらもシダの仲間『ネフロレピシス・ダフィー』。

夏場8月から育て始めましたが、コツが掴めるようになる前に、どんどん枯れてしまいました。

おそらく、水不足。

シダ類と縁がないのでしょうかね。

予習も大事。でも経験も大事ですね。

楽天トラベル

コメント

タイトルとURLをコピーしました