消火器の交換

消火器 ③DIY
消火器

突然消火器のお話。「DIY」ではありませんが、乾燥注意報が出るこの季節、注意喚起の一つになればと記事にしました。

去年の11月ごろ、消防署の方が事務所に来られました。

定期点検とは別に、古いビルに危険な状態の消火器が置かれていないか、見回っているとのこと。

何でも、姫路市内のある事業所で、火を消すために従業員が消火器を操作したところ、消火器が破裂して負傷する事故があったそう。

その消火器は製造後30年以上経過していて、底部が腐食していたそうです。

火が消せないどころではなく、破裂って⁉以前には名古屋で破裂による死亡事故もあったようです。

消火器

早速、指摘のあったものを確認に行ってみると、これはまずい。かなり古い...。

業務用の消火器の使用期限はおおむね10年です。その後も点検しながら、そのままに...。

この機会に管理物件のすべての消火器を交換することにしました。

さて、古くなった消火器はどうすれば良いか、みなさんご存知ですか?国内で生産された消火器は、リサイクル処分します。方法は主に下記の3つ。

  1. 購入先に引取りを依頼する
  2. リサイクル「特定窓口」へ回収又は持ち込む
  3. リサイクル「指定引取場所」へ持ち込む
【2022年製 予約販売】【送料無料】消火器 アルミ製 蓄圧式 粉末ABC 10型 [MEA10Z] モリタ宮田工業 ※MEA10A アルテシモII後継 (/J)
消火器

1.は購入先に同時に回収をお願いするので、一番簡単な方法です。回収費用が1本につき別途1,500円前後かかります。

2.は近くの特定窓口に連絡して、回収をお願いするか、持ち込むかです。指定の費用がかかります。消火器にリサイクルシールが貼られていない場合は、600円でシールを購入する必要があります。回収をお願いすると更に手数料がかかります。

3.指定引取場所が近くにあれば、自分で持ち込めば、リサイクルシール代以外に費用はかかりませんので、この方法が一番安く済みます。

詳細は「消火器リサイクル推進センター」で検索できます。

家庭用消火器の使用期限は概ね5年ですが、この機会に、使用期限やリサイクルシールの有無など確認してみても良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました