ユニットバスのタオル掛けとスノコ

スノコ ③DIY
タオル掛け

あれ?ここに何かあったような~。

空いた部屋の確認をしたとき、すぐには気付かなかったんですが、やっぱりここにタオル掛けがあったはず。

汚れや傷などはすぐに気付きますが、すっかり物が無くなっていると気付きにくいもんですね

まあ、壊れちゃったんでしょうね~。

タオル掛け

吸盤式のタオル掛けをつけていた痕がありますが、ビス穴が残っているので、穴の位置が合うものがあれば、この際なので、きちんと直しておこうと思います。

ビスの間隔を測ると、横幅400mm、縦36mm。

タオル掛け

ネットで検索してみると、ありました!

INAXの「TB-400D」寸法もしっかり記載されていて、ピッタリの400mm、36mm!ユニットバス用とも書かれています。

こういったものは、ある程度規格があるとは思いますが、それがすぐに見つかるというのも、本当に便利な時代ですね。

タオル掛け

ビスも付属していて、全く問題なく取付けできました。

もともと付いていたような雰囲気です!笑

INAX(イナックス)タオル掛け(ホワイト)TB-400D

スノコ

おやおや、そこ無くなります?

こちらのユニットバスは、スノコが無くなってます!

まあ、壊れちゃったんでしょうね~。

ユニットバスにも、いろいろタイプがあると思いますが、こちらは昭和61年ごろの松下電工製で、ここにスノコを置くタイプで、無いと浴槽と洗面からの排水が丸見えになってしまいます。

35年も経ってますけどね、まだ現役です。

スノコ

ユニットバスの規格に合うスノコは、ネットでは見つけられず、パナソニックLSテクノサービス㈱にお願いして、対応品を送って頂きました。

反転タイプにも対応できるものなので、現場での加工が必要ですと、事前に説ががあったので、早速ノコギリとヤスリで加工しました。

スノコ

はい完成しました!

これが正しい形です。もとのユニットの色がベージュっぽく、スノコがグレーっぽく見えるのは、基本的に色が違うのか、経年変化で色に差が出ているのかは、さだかではありませんが、問題ありません!充分満足です。

35年も経てば、そりゃいろいろありますよ。逆にそんなに古い製品にも、対応の自社製品で用意してくれているPanasonicさんに感謝です。

「諸行無常」を感じたサルでした。

( ´∀` )

コメント

タイトルとURLをコピーしました