ガーデンネックレス2022「港の見える丘公園」

ガーデンネックレス2022(港の見える丘公園) ②ガーデニング
ガーデンネックレス2022(港の見える丘公園)

「港の見える丘公園」でも、さっそくイベントのマスコット「ガーデンベア」がお出迎えしてくれました。

3月26日から6月12日まで開催される「ガーデンネックレス横浜2022」では、3月下旬の「サクラ」に始まり、4月の「チューリップ」、そして5月の「バラ」とリレーするように、テーマフラワーが移り変わります。

ガーデンネックレス2022(港の見える丘公園)

もとはイギリス総領事官邸だったイギリス館と、イングリッシュローズガーデン。

横浜市内でも有数のバラの名所です。

バラの見ごろを迎える5月3日から6月12日には、「横浜ローズウィーク」というイベントも開かれます。

そう言えば、横浜市の花は「バラ」でしたね。

ガーデンネックレス2022(港の見える丘公園)

雨のパラつく日でしたが、『斑入りツルニチニチソウ』がキレイに咲いていました。

普段お気に入りの散歩コースは、みなとみらい地区にある「臨海パーク」から海沿いを歩いて「赤レンガ倉庫」→「象の鼻パーク」→「山下公園」→「港の見える丘公園」の展望台でロッキーのポーズでゴール。

距離にすると約5kmぐらいですが、見どころ満載なので、1時間半から2時間はかかりますが、気分良く歩けて、いい運動になりますよ。

ガーデンネックレス2022(港の見える丘公園)

展望台からはベイブリッジが望めます。

ツツジも咲き始めてますね。

ガーデンネックレス2022(港の見える丘公園)

バラのパーゴラアーチ。

奥にはベンチが置かれていて、ちょっとしたフォトスポット📸

残念ながら、この日はまだバラは咲いていませんでしたが、はもうすぐ5月、春咲きのバラの見ごろがもうすぐですね~!

( ´∀` )/

KKRポートヒル横浜(国家公務員共済組合連合会横浜集会所)

コメント

タイトルとURLをコピーしました