観葉植物のトレーに水切りを

トレー ①観葉植物
「スポンサーリンク」
トレー

室内の観葉植物や、挿し木の苗などを乗せている、プラスチック製のトレーです。

以前、ホームセンターのコーナンで購入しました。

ある程度大きさもあるので、植え替えのときには、受け皿としても利用しています。

先日100均のセリアで、トレーに使えそうなものを見つけました!

トレー

「ねこブロック!」

ネコの侵入を防ぐための、ネコよけシートです。

これを何に使うかと言いますと、根腐れ防止のため鉢の水切れが良くなるように、トレーの底上げに使ってみようと思います。

用途がぜんぜん違いますけどね。

( ̄▽ ̄;)

トレー

基本的にはハサミでカットできて、加工は非常に簡単で、サイズは自由に合わせることができます。

今回は、本来の使い方とは逆さまに、トゲトゲの方を下にして敷きます。

連結するための穴が付いているので、ズレることもありません。

トレー

こんな感じに、ちょうど良くピッタリ収まりました。

まったく違和感なし。

( •̀ .̫ •́ )✧

トレー

鉢を乗せるとこんな感じ。

トレーの深さが約5cmなのに対して、「ねこブロック!」の厚みは3cmぐらいなので、鉢を乗せても安定しています。

このまま水やりをするわけではありませんが、多少の水滴が落ちても、風通しが良いのですぐに乾いてくれそうです。

トレー

室内でも、サーキュレーターを使うようになってから、「カビ」や「コバエ」の問題はすっかり無くなりました。

風の流れがあることで、土の乾きも早いとは思いますが、それでも植物によって、根腐れの心配があるものがあります。

土の乾きが早いに越したことはないですね。

鉢底を下に密着させないことで、より管理しやすくなりそうです。

( ´∀` )/

ヒラサワ PC 土入れ 3ツ組 グリーン 31509

コメント

タイトルとURLをコピーしました