ユリオプスデージーの害虫

ユリオプスデージー ②ガーデニング
「スポンサーリンク」
ユリオプスデージー

9月に入って、朝晩涼しくなってきましたが、5月以来、久しぶりに『ユリオプスデージー』の花芽が上がってきました。

もうすぐ秋なんですね~。

ところが改めて眺めてみると、何だか葉の色が悪いような、白っぽくなっているような気が...。

葉先も少し枯れてきているものが...。

ユリオプスデージー

株の根本を見てみると、ご覧の通り、下の方の葉は完全に枯れてしまっていました。

普段水やりのときも、上から見ているだけだったので、こんなに枯れているとは、ぜんぜん気が付きませんでした。

梅雨の前に、一度切り戻しはしましたが、やはり夏の間に蒸れてしまったのでしょうか。

ユリオプスデージー

あえて、これ以上は写真を拡大していませんが、やっぱり見つけました。

「アブラムシ」。

『ミニバラ』の場合は葉の裏に「ハダニ」が付きましたが、こちらの「アブラムシ」は葉の表側も歩いているので、小さいですが、何とか確認できました。

w(゚Д゚)w

『ユリオプスデージー』の育て方を調べると、注意すべき害虫は「アブラムシ」と書かれていますが、やはり本当なんですね...。

ユリオプスデージー

まずは根本の枯れている葉は全て取り除いて、風通しを良くしました。

最近は少し、無農薬も考えるようになってきましたが、どうしてもまだ小さいのがウヨウヨは苦手で、とりあえずオルトランのスプレーで応急処置!

GF オルトランC 420ml×3本【北海道・沖縄・離島配送不可】
ユリオプスデージー

「アブラムシ」に吸われてしまったためなのか、残った葉もかなり色が悪くなってしまいましたが、上からは元気な緑の葉が出てきて、なんとか頑張って花を咲かせてくれています。

ユリオプスデージー

季節的にも、害虫の被害は治まってきそうですが、枯れた葉は随時間引いて、木酢液で対応してみようと思います。

暫くは、経過観察ですね。

(๑•̀ㅂ•́)و✧

【生活の木 公式】ラベンダー・フランス産(真正ラベンダー)精油 / Lavender France 10ml | アロマオイル アロマ 精油 エッセンシャルオイル

コメント

タイトルとURLをコピーしました