オリーブの樹形を整える

オリーブの剪定 オリーブ
「スポンサーリンク」
オリーブの剪定

うちのシンボルツリー『シプレッシーノ』。

先月9月にも風通しを良くするための剪定はしたのですが、今回は樹形を整えようと思います。

このところ、またグングン伸びて、高さが2.5mを超えてきました。

植えてから1年半で1m伸びたわけですね。

『シプレッシーノ』の特徴として、横にはそれほど広がらず、ひたすら真直ぐ上に伸びます。

今まで高さを抑える剪定はしてきませんでしたが、脚立を使わずに管理するには、そろそろ限界です。

なので今回は、高さを抑える芯止めをします。

もう一つは、樹形を整えるため、下の方から出ている枝を切ろうと思います。

オリーブの剪定

『レッチーノ』も剪定から1ヶ月でこの茂りっぷり。

一般的にオリーブの強い剪定は、負担のかからない2月、3月がベストと言われるので、剪定は必要最小限にしておこうと思います。

でも、去年と違って、今年は花も実も殆ど付かなかったのは、今年3月の強剪定が原因の一つだったと思います。

花が新しい枝に付くことは知っていたはずでしたが、気が付けば新しい枝を殆ど切ってしまっていました。汗

というわけで、来春にあまり剪定しなくて済むように、今のうちに古い枝を中心に軽く剪定しておこうと思います。

来年は花を沢山咲かすぞ~!

オリーブの剪定

暖かい時期によく見かけるハマキムシ。

勇気が無いので、よく見たことはありませんが、葉が糸のようなもので丸まっています。

主に枝先の新芽が被害にあうため、見つけるのは容易で、その都度取り除くようにしています。

あまり沢山付いてしまったときは、拡がらないように薬剤を散布しています。

オリーブの剪定

樹形を整えるため、地面から50cmぐらいまでの枝を切り落としました。

少し太めの枝も切ったので、切口に癒合剤のトップジンを塗っておきました。

殺菌剤 トップジンMペースト 100g 樹木 果樹 傷口 病原菌予防 関東当日便
オリーブの剪定

『シプレッシーノ』の剪定びふぉーあふたー。

オリーブの剪定

『レッチーノ』の剪定びふぉーあふたー。

オリーブの剪定

今回も切り落とした枝は、一部挿し木にしようと思います。

今までに100本以上挿し木にして、発根したのは1本だけ。( ;∀;)

大体、基本通りにやってるんですけどね。時期や環境様々あると思いますが、本当に難しい...。

オリーブの剪定

まずは2時間ぐらい水につける。

メネデール適量入り。

清潔なハサミを使って斜めに切る。

土に挿す前に、ルートンを少々。

思うんですけど、この挿し穂を作る時点で、もう勝負は決まっている気がします。

唯一発根した枝の特徴を思い出しながら、太めで、先の方の成長部分を使うようにしました。

メネデール 植物活性素 500mL 関東当日便
オリーブの剪定

挿し木10本。

長さ15センチぐらいの挿し穂を、だいたい5センチぐらいまで、土に挿します。

土は、以前まで「パーライト」や「バーミキュライト」を使っていましたが、ポットだと流れて減ってしまうので、今回は赤玉土の小粒を使います。

太木挿し風1本。直径1.5センチとぜんぜん太くありませんが、興味本位で挿しておきました。笑

鉢植えのオリーブが増やせるとイイな~。

極上の癒しを手に入れる
JTB【くつろぎの温泉宿】

コメント

タイトルとURLをコピーしました