シマトネリコの剪定 秋編

シマトネリコの剪定 ②ガーデニング
「スポンサーリンク」
シマトネリコの剪定

この夏、高~くなった『シマトネリコ』。

噂通りの成長力...。

あっと言う間に見上げるようになりました~。

この場所、東向きの庭で半日日陰ですが、まったく問題なく育っています。

病害虫も今まで殆ど無いようで、同じ時期に植えた『オリーブ』とは違い、肥料も元肥以外使っていませんし、薬も全然使っていません。本当に丈夫です。

さすが南国生まれですね。高さが10mになるのも、分かる気がしてきます。

現在3mまで来ましたが、もうこの辺りが剪定の限界です。

シマトネリコの剪定

ご覧の通り、1年4ヶ月で高さも、幅も倍です。

窓の目隠しになればと、この場所に植えましたが、すでに窓の高さを遥かに超えました。

去年、地植えした時点で、想像はしていましたが、『シマトネリコ』の成長スピードはさすがです。高さはこのぐらいでキープしていこうと思います。

シマトネリコの剪定

株立ちの『シマトネリコ』は、ヒコバエと言うんでしょうか、根本からドンドン新しい枝が出てきます。

主要な幹を5本ほど残して、細いものは根元からバッサリ切りました。

細い枝が暴れてしまって、どうしても横に広がってしまうため、少し整理しました。

根本から切ったので、菌が入らないよう、念のため癒合剤の「トップジン」を塗っておきました。

殺菌剤 トップジンMペースト 100g 樹木 果樹 傷口 病原菌予防 関東当日便
シマトネリコの剪定

びふぉーあふたーです。

ちょっと切り過ぎました...( ̄▽ ̄;) 

剪定始めると、止まらなくなるんですよね、自分。

強剪定は成長期を迎える3月ごろが良いようです。

でも根本がスッキリして、理想の樹形に近づいてます。笑

【 メール便 可 3個まで】 岡恒 剪定鋏 ユニーク 200mm No.103 【パック】

コメント

タイトルとURLをコピーしました