オリーブの木が台風で傾いた...

オリーブ オリーブ
「スポンサーリンク」
オリーブ

先週の台風14号で、庭の『オリーブ』(シプレッシーノ)が傾いてしまいました。

支柱はしてあったのですが、台風明けの朝見てみると、支柱から外れて、見事に傾いていました。

( ̄▽ ̄;)

オリーブ

根の周りに隙間が出来てしまいました。

これだけ、木が揺れ動いたということでしょうね。

もともと根の張りが浅いオリーブですが、安定するには、まだまだなんでしょう。

<@_@>

人口杉皮

次は台風15号の話もあるので、急いで支柱を立て直します。

今回は、木の幹に巻く杉皮を用意しました。

シュロ縄

シュロ縄を使って、ガッチリ縛ろうと思います。

ガーデニング・観葉植物を楽しむならココがおすすめ♪
オリーブ

矢印の部分は、今まで使っていたビニールタイが、食い込んでしまったキズです。

『オリーブ』の木が小さいうちは、ビニールタイで軽く止める程度で良かったのですが、2mを超える今は、もう無理だったんでしょうね。

<(_ _)>

幹にキズが付かないように、杉皮をしっかり巻いて仮止め。

オリーブ

木の幹を真直ぐになる位置で、支柱2本を先に固定しました。

本来、支柱は木の幹よりも太いものを使うのが基本のようなので、次回からは竹や木を使ってみようと思います。

オリーブ

傾いた木の幹を、支柱のところまでググ~っと押し戻します。

幹と支柱にシュロ縄をしっかり3回巻き付けて、縦に割を2回まわして縛ります。

縦に回すとき、杉皮を巻き込まないようにして下さい。

サルはしっかり巻き込んでしまいました💦

【オプション】 植木の養生資材 竹支柱・しゅろ縄・杉皮セット 使い切り1本分
オリーブ

倒木の原因は、まだ根が支え切れない木の高さや、込み合った枝葉の重さにもあると思います。

今回は、高さを抑える「芯止め」という一番高い部分の切り戻しをしました。

「透かし剪定」もしたいところなんですが、まだ生育期のこの時期に切り過ぎると、根本から「ヒコバエ」が出るので、今回は見送りました。

シオカラトンボ

台風の季節、もうしばらく注意していきましょう!

(๑•̀ㅂ•́)و✧

王ヶ頭ホテル

コメント

タイトルとURLをコピーしました