今度は止水栓から水漏れ...。

止水栓 TOTO ③DIY

あ~、今度はココから。

先日このTOTO製混合水栓の、蛇口からの水漏れを修理した際、写真の止水栓を閉めて作業をしました。かなり古いので、回し始めが堅かったんですよねぇ~。

マイナスドライバーで中心部分の栓を閉めれば、水漏れも止まるのですが、それではお湯が使えません。

そうなんです、漏れてるのが左側のお湯のほうなんです。汗

また混合水栓の品番「TMJ40C3S」から検索を開始!

【メール便対応】TOTO スピンドル部 【品番:THF35-1】

まずは[THF35-1]TOTOスピンドル部という部品を購入。

これは、マイナスドライバーで回す内側の部分です。 

後から気付いたんですが、今回の場合、ドライバーでこれを閉めると、漏れは止まっていたので、交換しなくても良かったかもしれません。

まあ全体的に古くなっているので、この際替えましたが。

TOTO Oリング TH91785E

同時に購入した、TOTO のOリングTH91785E。

今回は、こちらが重要だったみたいです。

まずは水道メーターのところにある元栓を閉めます。閉めないとお湯が噴き出すことでしょう。笑

①の外側のスピンドルガイドという部品から外していきます。時計と反対周りに回します。

板状の特殊な工具がないので、サルはプライヤーで挟んで回しました。

次に残った②をドライバーで外します。湯沸かし器のお湯が吹き出そうで心配でしたが、大丈夫でした。

①を外してみると、フィルターになっていて、小石のようなゴミが出てきました。時々お掃除したほうが良いみたいです。

黒い部分のOリングが切れていました。たぶん今回の水漏れはこれが原因でしょうね。

新品のOリングTH91785Eに交換。

②も外して、新しいスピンドルに交換。

こちらは見た目に、それほどの劣化は見られませんでしたが、一応交換しておきました。

あとは逆の手順で取り付けて、止水栓②は一度しっかり閉めてから、元栓を開けます。

ゆっくり止水栓を開けて、水漏れなし!完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました