オリーブの木のルーティーン

オリーブ オリーブ
「スポンサーリンク」
オリーブ

うちのシンボルツリー、『シプレッシーノ』。

地植えしてから2年半が経ちました。

オリーブの剪定は、3月と10月が良いと言われますが、一定の大きさに納めようとすると、2回ではとても足りません。

オリーブ

こちらは、もう一つのオリーブ『レッチーノ』です。

成長が早いので、数ヶ月であっと言う間に枝が暴れてきます。

なので1月・2月の休眠期を除いて、葉が混み合ってきたらその都度、剪定しています。

今回も、後ろが見える程度に透かし剪定をしました。

オリーブ

さて、オリーブ剪定の後の「ルーティーン」。

そう、毎度、毎度の「挿し木」です。

まずはメネデール入りの水に、2時間ほど浸けます。

オリーブ

次に斜めにカットした部分に、ルートンをトントン。

( ̄ ‘i  ̄;)

オリーブ

そして清潔な赤玉土に穴を開けて、ルートンが落ちないようにそっと挿します。

オリーブ

今回は10本。

土が乾かないように注意しながら、明るい日陰で管理します。

ここまでの作業を、毎度無心で行っています。

大きな期待をすることなく、ただこれを繰り返す理由は、

成功率が低いから! です。

オリーブ

きちんと数えてはいませんが、たぶん今までに150本ぐらいは挿していると思います。

で、成功したのはたったの1本。

( ̄▽ ̄;)

途中、葉が落ちてしまうと、だいたい失敗です。

12月の挿し木、どうなるか...。

コメント

タイトルとURLをコピーしました