屋根付きパーゴラをDIYしたい!その8

パーゴラ DIY
記事内に広告が含まれています。
「スポンサーリンク」
パーゴラ

もう梅雨に入ってしまいましたが、やっとホームセンターで「ポリカタフエンボス クリアフロスト 7尺」を買ってきました!

「中空ポリカ」も考えましたが、取付け方が、今一つよく分からなかったので、今回はポリカーボネートの波板を使います。

パーゴラ

ただ、波板を使うにあたっては、横向きの下地を付けたくないという、謎のこだわりが出てきました...

何かその、デザイン的に、小屋みたいな感じがして...

( ̄▽ ̄;)

なので、波板のピッチに合わせて垂木を配置します。

パーゴラ

試しに、並べた垂木にポリカ波板を乗せてみました。

横方向の下地を入れないので、たわみが心配でした。

でも何とかいけそう...。

※自己流なので、ご注意ください。

穴をあける位置に印を付けます。

軒先の出幅は100mm以下を推奨しているので、50mmに。

パーゴラ

垂木の固定には、ステンレスの金折を使いました。

パーゴラ

桁に192mm間隔で、金具を取り付けます。

※32mm(1山)×6山=192mm

パーゴラ

少し位置の高い、手前の桁にも同じように取り付け。

信越ポリマー ポリカ波板 ポリカタフ 7尺フロストクリヤー 32波/0.7x655x2120mm [10枚入り]:SP3112 [法人・事業所限定][送料別途お見積り]
パーゴラ

下穴をあけます。

波板が割れてしまうらしいので、下穴はマストのようです。

4枚全ての波板を重ねて、山になる部分に、裏から穴をあけました。

パーゴラ

長さが余る一枚は、カッターでも何とか切れました。

パーゴラ

とめ具については、ビスにするか傘釘にするか、最後まで悩みましたが、細めのビスが見つからず、今回は傘釘にしました。

今後暫らく様子を見て、もし傘釘が浮くようであれば、ビスに変えようと思います。

まあ、釘と言ってもスクリューになってますからね~。

[]~( ̄▽ ̄)~*

【10%OFFクーポン 22日20:00〜23:59】ダイドーハント ステンレス連結傘釘(9本x10連) 10102296 シルバー 2.1x38mm 90本|金物・資材 金物 釘 トタン・かさ釘
パーゴラ

下地の間隔が550mm以下を推奨なので、下地はありませんが、垂木に沿って打つ、縦方向の間隔を490mmにしました。

横方向は本来、5山ごとに傘釘を打つのですが、垂木の本数の問題で、6山になってしまいました。

自己責任でお願いします...

( ̄ ‘i  ̄;)

お気付きだろうか? このとき中央あたりに打ち忘れが...

パーゴラ

奥の出幅は50mmでしたが、手前側は75mmにしました。

波板の重ね部分は、2.5山以上必要です。

今回重ね部分の山に、必ず垂木が来るようにして釘を打っています。

パーゴラ

梅雨の晴れ間、ついに屋根の取付けが完了しました~!

横方向の下地が無いので、見た目もスッキリです♪

(๑•̀ㅂ•́)و✧

見た目重視、強度は未知数なので、これから来る台風について、また報告したいと思います。

パーゴラ

後は、壁面の板を取り付ければ完成です。

沓石の羽子板と、140mm幅の桁を固定した段階で、かなり安定していますが、必要に応じて筋交いも考えようと思います。

後日写真を見ていて気付いてしまった、中央あたりの傘釘の打ち忘れのために、恐るおそる、この上に登るのでありました...。

( ̄▽ ̄;)

【木材通販のマルトクショップ】こちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました