ドラセナコンシンネ、ヒコバエはCUT!

ドラセナコンシンネ ヒコバエ ①観葉植物
ドラセナコンシンネ

先月も記事にした、『ドラセナコンシンネ』のヒコバエについて、しばらく考えていましたが、やはり切ることにしました。

残す場合は、株立ちにしたり、主軸を更新するなど、全体を仕立て直すわけですが、どうにもイメージできません。

( ̄▽ ̄;)

ヒコバエは本来、株全体の成長の妨げになるので、切るのであれば早い方が良いもの。

ドラセナコンシンネ ヒコバエ

という訳で、思い切ってCUT!

ドラセナコンシンネ ヒコバエ

切口には菌が入らないように、癒合剤のトップジンを塗っておきました。

ちなみに、よく使うこの「トップジンMペースト」の色、オレンジ色で目立ちますよね?

数ヶ月すると、いつの間にか目立たない色にはなるんですが、しばらくは気になるかも。

そんな場合は、同じ癒合剤の「カルスメイト」ならペーストが茶色なので、あまり目立ちません。

殺菌成分は入っていませんが、うまく使い分けるといいですよね。

( ´∀` )

殺菌剤 住友化学園芸 トップジンMペースト 100g【RSL 住友化学園芸 果樹 樹木 傷口 ゆ合促進 病原菌 侵入防止】 カルスメイト 150g【メール便送料無料】
ドラセナコンシンネ ヒコバエ

せっかくの春の新芽ですが、出る場所がなぁ~。

残念です。💦

ドラセナコンシンネ ヒコバエ

ちょっとまだ難しいかもしれませんが、念のためメネデールを入れた水に挿しておきます。

まだ殆んどの部分が葉で、茎の部分が少ないため発根は厳しい気がしますが...。

『ドラセナコンシンネ』の通常の挿し木なら、繁殖力旺盛なので、2週間程度で変化が見られるはずです。

新芽の生命力に期待したいと思います!

~\(≧▽≦)/~

コメント

タイトルとURLをコピーしました