ガーデンネックレス横浜2022「元町公園」

元町公園 ②ガーデニング
元町公園

6月30日まで開催されている「ガーデンネックレス横浜2022」の会場の一つ「元町公園」へ行ってみました。

写真はこの日「横浜元町ショッピングストリート」に咲いていたバラです。

この「元町通り」から、「水屋敷通り」を通って「元町公園」へ向かいます。

元町公園

元町公園の入口です。

市民にとっては、「元町プール」の入口という認識ですね。

春には桜が楽しめます。

元町公園

公園入口のすぐ左手にある花壇。

( ̄▽ ̄;)

あ...

残念ながら、バラの見ごろは過ぎてしまったようでした💦

元町公園

写真は、国の登録有形文化財に指定されている「ジェラール水屋敷地下貯水槽」です。

元町公園入口の、少し手前にあります。

幕末に来日したフランス人実業家アルフレッド・ジェラールが、この谷戸に湧き出る水を利用して、横浜港に出入りする船舶への給水事業を始めたことから、「水屋敷」と呼ばれるようになりました。

元町公園

貯水槽の中を覗いてみると、今も湧く湧水の中を、鯉が泳いでいました。

昭和63年に、この貯水槽の湧き水調査を行った際、公園内の高い位置に、もう一つ、地下貯水槽(上部水槽)が発見されました。

周辺の山からの湧水が、上部水槽に毎分約50リットル流れ込み、その水位が1mを超えると、この下部貯水槽へ流れてくる仕組みになっていることが分かったそうです。

ミナト・ヨコハマの水は、品質が良く、世界的に有名になったそうです。

元町公園

「山手80番館遺跡」

明治時代、外国人居留地だった山手地区に建てられた、外国人住宅の遺構です。

地下室部分と、浄化槽の跡が残っています。

元町公園

市民のオアシス、元町プール!

( ´∀` )/

元町公園

公園内には、「弓道場」もあります。

昭和6年に、五人立ちの道場として建てられました。

現在の建物は、昭和45年に建て直されたものだそうです。

元町公園

元町公園を山手通りまで登りきったところにある、「エリスマン邸」です。

アントニン・レーモンドの設計により、1926年に生糸貿易商エリスマン氏の私邸として建築されました。

山手の別の場所から、平成2年に元町公園内に移築された7つある「山手西洋館」の一つ。

元町公園

もう6月、紫陽花の季節になりましたね~。

外国人居留地だったころの歴史を感じられる、「元町公園」でした。

こんどは、桜の時期にも来てみたいと思います。

( ´∀` )/

ホテルニューグランド

コメント

タイトルとURLをコピーしました