タイムの収穫・切り戻し

オレンジタイム ②ガーデニング
「スポンサーリンク」
オレンジタイム

『タイム』は繁殖力旺盛なハーブで、病害虫の被害もほとんどありませんが、注意したいのは湿度です。

梅雨のジメジメした気候は苦手で、蒸れると株元から枯れてきてしまうため、梅雨を迎える前に、切り戻しをして、風通しを良くしておく必要があります。

タイム各種

今年の3月に植えて、まだ間もないころ。

左から、『オレンジ・タイム』『レモン・タイム』『フォクスリー・タイム』です。

タイム

4月。

無事に根付いた様子です。

タイム各種

6月。

暖かくなるにつれ、3つともモリモリ育ってきました。

3つは植え過ぎだったかなぁ?

( ̄▽ ̄;)

タイム各種

約3ヶ月で、ずいぶん大きくなったんですね。

さすが成長が早いですね。

これだけ株が混み合ってくると、蒸れてしまいそうです。

タイム各種

伸びきった細い茎が、隣同士で絡まっていたので、剪定をする前に、何とかに分けました。

タイム各種

剪定後です。

タイム各種

剪定をする際に気を付けていたのは、『オリーブ』の根本に『タイム』の葉が、かからないようにすること。

もう一つは、這性の『オレンジタイム』と『フォクスリータイム』を、花壇から外へ垂れ下がるように仕立てたいので、切り過ぎないことでした。

レモンタイム

強い殺菌効果と抗ウイルス作用に加えて、疲労回復や精神安定効果などなど、様々な効能を持つ『タイム』。

ハーブティーもイイですが、今回は、収穫した『タイム』をネットに入れて、浴槽へ。

レモンの香りのハーブバスで、疲労回復です!

( ´∀` )/

【4526599002493】磨き抜かれた職人の技 切れるよろこびSK5鋼 アルミハンドル 植木鋏ロング 240mm※ネコポス配送【頑張って送料無料!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました