ポトス・マーブルクィーンの難しさ

ポトス・マーブルクィーン ポトス
「スポンサーリンク」
ポトス・マーブルクィーン

半年ほど育てている『ポトス・マーブルクィーン』です。

今のところ元気な様子ですが、水やりのベストなタイミングが分かってきたのは、ごく最近。

土が完全に乾いてからしばらくして、葉が少し垂れるように開いてきたとき、たっぷり水をやります。

こうしていると、根腐れを防ぐことができます。

毎日の観察が大事になりますね。

ポトス・マーブルクィーン

写真を比べてみると、5月から11月の半年間で、それなりに大きくなっていることがわかりました。

グングン伸びる『ゴールデンポトス』に比べると、日常的にはあまり成長を感じられません。

そして、もう一つ変化が...

ポトス・マーブルクィーン

最初のころは写真のように、白い部分が本当に真っ白でした。

現在は、白い部分が真っ白とは言えず、全体的にやや薄い黄緑色になってしまいました。

葉焼けすると、黒いシミのようになるので、それとも違う感じです。

レース越し日が当たる窓際ですが、これも葉焼けなのかどうか、置き場所を変えてみて、今後、検証が必要です。

ポトス・マーブルクィーン

土は、観葉植物用の土を使っています。

鉢は土が乾きやすいように、比較的小さめにしています。

少し前まで、『ポトス・ライム』を育てていましたが、さらに難しかったなぁ...。

結局は根腐れだったんだと思いますが、株が常にぐったりしたまま、何をどうやっても、戻りませんでした。

( ̄▽ ̄;)

ポトス・マーブルクィーン

新芽で~す♪

早いもので、もう12月。

寒さに弱いと言われる『ポトス・マーブルクィーン』、気温が下がるこれからの季節は注意が必要ですね。

( •̀ .̫ •́ )✧

コメント

タイトルとURLをコピーしました